OKR本を読んだ

はじめに

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKRの本を会社から支給されました。大事なことは原典を読んでいただくのが良いですが、気になったところを書いてみます。

スタートアップでもミッションを掲げるべき

どんなに夢のあるようなビジネスでも、マネタイズしなければ意味がないというのが自分の考えでした。しかし「お金がほしいなら、ウォール街コンサルティング企業に入社するほうが遥かに安全だ。」という言葉をみてなるほどとおもいました。マネタイズは大事だけど、同じくらいミッションというか使命みたいなものが大事だと思います。

自信度の変化のトラック

今の会社でもOKRを取り入れていますが、自信度の変化をトラックしていません。はじめは50%でも自信度は刻々と変化していくため、OKRを振り返るためにも自信度の変化は重要であると考えました。

健康、健全性

これは、「利益に走りすぎて、エンゲージメントを失う」とか「締切を守るあまり、メンテナンス性の低いコードをリリースしてしまう」といった状況への抑止になると感じました。KRを達成さえすればそれでいいというような状況はなくなりそうです。

まとめ

OKRについて、まだまだ知らないことがあるなということと、これを遂行するにはメンバーのメンタリティも重要のように思いました。 あと、これとは別に「仕事はたのしいかね?」という本も読んでいてうーーーんという感じでした。