読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【LT】encrypted secretsについて社内LT大会でしゃべってきました。

はじめに

Rails5.1で導入されたencrypted secretsについて所属する会社の社内LT大会で発表してきました。

内容

5分だったので大したことは書いていませんが、機能の説明以外はstaging問題やメインです。

所感(使えそう?)

  • KMSをつかうならyaml_vaultかな
  • Railsのレールに乗っている感じが良い
  • 暗号化はガンガン修正が入らない前提。修正がたくさん入る場合は別の策を考える。

staging問題について

詳細

  • デフォルトではkeyと暗号化ymlは一組しか作られない。
  • Rails.env == 'staging' # => trueでも本番と同じkeyを使うことになる。
  • ステージングのkeyが流出するだけで本番のkey流出となってしまう。

解決策

  • secrets.#{Rails.env}.yml.encとそれに対応するkeyを別で持っておく。
  • 例えばsecrets.staging.yml.enc, secrets.production.yml.enc(rails secrets:setup, rails secrets:editしたらリネームする)
  • デプロイ時にln -sする。

まとめ

  • なにはともあれ設定ファイルコミットできるのは良い!