読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書ノート】SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル(学び方を学ぼう、後半)

目的

soft skilsに載っている独学の方法をまとめる。(後半) 前回の記事は以下

waterlow2013.hatenablog.com

soft skilsという本がちょっと前に話題になっていたのですが、その中に「学び方を学ぼう」という章があります。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

以前は全体像とプロセスの前半についてまとめました。今回は後半です。

学ぶことを学ぼう

7.使い始められるようにする方法を学ぶ

学ぼうとしているものを使い始められるようにするために必要なだけの情報を仕入れて、次のステップで遊べるようにする。
Hello world!や開発環境のセットアップ等のこと。あまり遠くに行き過ぎないこと。

8.遊び回る

参考資料の全ては読まず、自分で遊んで実践してみる。小さなプロジェクトを作ってそれを試していく。 自然に疑問が生まれてくるので、それらを書き出しておく

9.役に立つことができるところまで学ぶ

8でリストアップした疑問を、参考資料を総動員して解決する。
参考資料を完全に読むことはしない。 学んでいることが、ステップ3で決めた成功基準に、何らかの形で結びついているかを確認する。

10.教える

どんな手段でもいいので人に教える。 何かを学んだということを確かに知るための方法はこれ以外にはない(らしい)。 学んだことの隙間を埋めるための手段として優れている。 例としては以下。

  • ブログ
  • YouTube動画かチュートリアルを作る
  • プレゼンテーションを行う。
  • 友人や、夫(妻)と対話する。
  • オンラインフォーラム内で質問に答える。

まとめ

普段は1つの書籍を通読するのを目標に写経するのが多いのですが、結局途中で挫折してしまうケースが大半です。 この勉強法だとそもそも通読することを目標にしていないので良いかもしれません。
次何かを勉強するときはこのステップを試してみようと思います。 他の勉強本も見直したい!